ヨガの基礎

Yoga Basics For Beginner

ヨガの基礎

artofbeauty

ヨガといえば、見た目の形状からヨガポーズを想像することでしょう。しかし、ヨガはポーズだけではありません。ヨガはポーズに加えて、呼吸法と瞑想と3つの要素で構成されています。

ヨガポーズ(アーサナ)

ヨガにはもともと瞑想と呼吸法しかなくポーズは簡単な座法しかありませんでした。しかし、ヨガポーズは瞑想と呼吸法を効果的に行うために姿勢を整える目的があったと伝えられています。

ヨガ呼吸法

呼吸法は、自らマインドを制御する方法として考えられています。現代になり自律神経を整える効果があることがわかっており、古来から続くヨガの呼吸法がストレス対策や様々な精神疾患を緩和する効果があることもわかってきます。

瞑想

ヨガは「ユジュ」、つなぐという意味からきています。それは外側と自分の内側、社会と自分、相手と自分の調和を図ることが最終的な目的なのです。この最終的な目標に到達する上での手段が瞑想と言われています。解脱といった高尚な目的はさておき、現代になって瞑想の脳に対する影響やストレス対策に効果があることが科学的にわかっています。

ヨガはポーズで姿勢を、呼吸法でマインドを、瞑想で脳に同時に働きかける唯一のエクササイズと言えるかもしれません。

ヨガとは?

ヨガは人によって表現が異なりますが、ダイエットや美容の手段であったり、また運動不足解消のエクササイズでもあります。様々な人々の目的に応えるヨガとは何か?ヨガの本質的な部分を見てみます。

詳細を見る

ヨガの歴史

そもそもヨガは5000年も昔に生まれました。なぜ、これほど長い間受け継がれているのか?ヨガの起源まで遡り、ヨガの歴史を探ります。

詳細を見る

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter