ヨガの効果

ヨガの精神的効果

Yoga Basics For Beginner

ヨガのリラクゼーション効果

ヨガをすると気持ちがいいと感じると答える人は多くいます。

こうした、なんとなくの心地よさやリラックスこそ、ヨガにはまる理由です。ヨガはアーサナ(ポーズ)をとりながら、意識的に呼吸を整え、自分自身に向き合うもの。ゆったりとして静かな時間の流れの中で行うので、リラックスした気持ちになれるのです。

究極のリラックス - 毎日15分で心と身体に真の休息を与える方法

リラックスを得たいと思うなら、エステやマッサージ、旅行が思い浮かべるでしょう。しかし、毎日、自宅で究極のリラクゼーションを得れるとしたら…。ヨガには究極のリラックスポーズというのがあります。誰でも簡単にできますので、ぜひ知っておいてください。

詳細を見る

ヨガのストレス低減効果

数あるアーサナ(ポーズ)には、疲労回復やリラックスを目的とするものがあります。また、呼吸法や瞑想を組み合わせて行うことで、ストレスが低減し、不安やイライラは解消に向かいます。

また、ヨガの瞑想は自分を客観的に捉え、沸き起こる感情を冷静に捉えるというトレーニングと言えます。そのため、ヨガはストレスと上手に向き合うための術とも言えるのです。

マインドのノイズを軽減する5つのヨガ呼吸法

ストレス低減はヨガの主要な効果の一つです。特にヨガ呼吸法はポーズを伴わなくとも実践できますから、自宅だけでなくオフィスなど場所を選ばずにできます。ヨガの代表的な呼吸法を取り上げたこの記事で、どこでもリラックスできる術を身につけてください。

詳細を見る

ストレスに負けない心と身体をつくる4つの方法

友人、会社の同僚、上司など、リレーションシップがストレスの原因になったりと、私たちの取り巻く環境は実に複雑になりました。とはいえ、ここから逃げ出すわけにもいきません。ストレスをなくすと考えず、幾つかの習慣でかなり改善できる方法ががあります。

詳細を見る

自律神経のバランスを整える効果

ヨガでは、アーサナ(ポーズ)だけでなく、呼吸を意識的に使うことを学んでいきます。ゆったりとした深い呼吸は副交感神経を優位にさせる効果があり、また、早い呼吸は交感神経を優位にさせます。

様々な呼吸を組み合わせ、緊張と弛緩を操作することで自律神経のバランスが整うことがわかっています。そのため、ヨガを長期的に実践していくことで、ポジティブで安定したメンタルバランスを保つことができるようになります。

ヨガの呼吸とマインド、感情

心臓などの大切な臓器は私たちの意識と関係なく自律的に動くのはこの自律神経のおかげです。また、交感神経、副交感神経からなる自律神経は、ストレスとも深い関係があります。本来意識的に自律神経を操作するこはできませんが、ヨガの呼吸法を通じて働きかけることができます。

詳細を見る

ストレス解消は呼吸から - 吐く息と腹式呼吸を意識しよう

腹式呼吸に代表される深く、ゆっくりとしたヨガの呼吸法で私たちのストレスは解消へ向かいます。ヨガの達人、チャック先生は、呼吸の吐く息が大切と言います。息を吐くと同時に自分のいらないものを一緒に外側に出す気持ちで呼吸するのです。より具体的なポイントをお聞きしています。

詳細を見る

ヨガのメンタルバランス効果

ヨガとは、アーサナ(ヨガポーズ)によるエクササイズ的な要素に目が行きがちですが、呼吸法による自律神経の働きかけ(ストレス低減等)、瞑想による自己の内観など、自分のメンタルバランスを整えるトレーニングなのです。

ヨガを始める前と後で、この効果に気づく方が多いですが、これがヨガにはまる理由であり奥深さななのかもしれません。今までヨガポーズ中心にヨガを取り組んでいたなら、もう少し呼吸法と瞑想も取り入れることで、ヨガの本当の効果に気づくでしょう。

ポーズだけではもったいない。呼吸法と瞑想を取り入れて余すことなくヨガの効果を実感してください。

呼吸の力 - 意識的な呼吸であなたの心を取り戻そう

私たちの心(マインド)は呼吸と相互に関係しあっています。例えば怒りを感じている時の呼吸は早く、浅い呼吸。一方でリラックスしている時はゆっくりで深い呼吸。この関係に着目して逆から考えれば呼吸を制御することで私たちのマインドを制御できるのです。メンタルのバランスを取り戻しましょう。

詳細を見る

自律神経に関わるホルモンは、ノルアドレナリン(興奮、意欲、恐怖、不安など)とドーパミン(意欲、モチベーション、学習、快感など)です。この二つのバランスを制御するセロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれ、幸福感を感じる時に多く分泌されます。このホルモンを増やす方法を知っておきましょう。

詳細を見る

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter