ヨガ効果

ヨガで人に優しくなれる

Yoga Basics For Beginner

ヨガを深めると人に優しくなれるのは理想ではありません。ヨガを通して自分らしくなれれば、相手を理解しようとする思いやりが育まれます。自分を理解することで余裕が生まれ、相手に対するコミュニケーション能力も高まっていくのです。

自分の理解が相手の理解につながる

ヨガは自己の内観が大きな目的であることは述べました。

自己の内観とは、自分を客観的に見ること。客観的というのは、ある意味、自分を第三者の立場から見つめるということです。この自己の内観は、他人と自分、社会と自分など、多面的な角度から自分を見つめていく作業と言えます。

自己の内観は、自分自身を理解するだけでなく、相手の立場に耳を傾け、相手を理解する心も育まれるのです。

2. 相手の言動の根元を知れば余裕を持てる

苦手な人は遠ざければいい。職場での複雑な人間関係を考えたら、こんな安易なアドバイスに説得力はありません。ストレスの大きな要因ともなる複雑な人間関係に、簡単なテクニックはないのです。しかし、苦手な相手を好きになるとまでは言いませんが、自分の心の持ち方でだいぶ改善することができます。

詳細を見る

子どもの様な柔らかい心を保つためのたった一つの言葉

いつの日か私たちは子供のような柔らかい心が失われます。大人になれば仕方ないことかもしれません。しかし、たった一つの言葉を意識的に使うことであなたの目の前の状況を変えられます。ありきたりの言葉が大きな力を秘めています。

詳細を見る

気持ちがフラットになる瞑想のススメ

朝の瞑想の習慣を続けると、気持ちがフラットになり自分にしなやかなが備わっていくことがわかります。まず最初に自分に優しくなれ、それが相手への優しにもなる。そんな瞑想の良さを綴っています。

詳細を見る

コミュニケーション能力が向上する

a

日常の中で、一見、理不尽と思われる主張を投げかけられることはよくあります。しかし、自分を客観視できるようになると、相手の置かれた状況に身を置き、相手の立場になって考えることができるようになります。これはアンガーマネージメント(怒りのコントロール)にもつながる考え方です。

相手の立場になって考えると、相手の主張が理解できるもの。もちろん、常に自分を抑えて相手を優先することが良いわけではありません。相手の主張に100%従うのではなく、自分と相手の立場を考え、第三の解決策を協同で考えることもできるのです。

相手の主張に敵対するのではなく理解を示した上で、自分の感じたことを冷静に伝えることが重要なのです。相手に対してこうしたアプローチであるならば悪い結果は生まれないですし、必ず良い結果につながるはずです。

ヨガを継続することで自分を客観視できるようになれば、他人と互いの理解と尊重を重視した関係を構築でき、結果としてコミュニケーション能力も向上するのです。

“与えられる”より”与える”人になるほうが何倍も幸せな理由

幸せな人は、常に与える人です。しかもそこに見返りは求めません。ただただ相手の幸福を願い、与えられる人から常に”ありがとう”と言われます。それがこの上ない喜びとなるのです。与える人は、無償の愛を与えることで充足感を得て、それが生きがいとなっているのです。

詳細を見る

思いを伝える

上手くいかない時やそうでない時も、自分の思いを伝えることは様々な波及効果があります。普段当たり前すぎて気づかないコミュニケーションに、ヨガ的な行為が見て取れます。おもいってあなたの思いを伝えてみましょう。

詳細を見る

思いやり

コミュニケーションの方法は言語だけではありません。しかし、私たちは思ったよりも非言語の部分を忘れ、相手を察することはしません。子供の頃に当たり前だった、ちょっとしたこの気遣いで相手との関係がうまくなるのです。

詳細を見る

TULA CONNECT

友だち追加

TULA Newsletter