手を上にあげるポーズ

ウールドゥヴァハスターサナ

手を上にあげるポーズ ウールドゥヴァハスターサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

手を上にあげるポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)は、ターダーサナを基本として、胸を広げ、両腕を頭上にあげるポーズ。このポーズは体全体の姿勢を整え、体幹を強化する。また気持ちを安定させると言われている。

普段、私たちは正しい立ち方に注意を払いません。片方だけに重心をかけたり、片方の足が曲がっていたり、踵だけに体重をかけたり、間違った立ち方や体重のかけ方により体に歪みを生じさ、脊椎の弾力性が失われます。正しい立ち方によって、お尻が引き締まり、お腹が引っ込み、胸を張ることができるほか、体が軽くなり、頭も敏活になります。

ターダーサナの姿勢で立つ。

息を吸いながら両手を頭上に上げる。手のひらを合わせても良い。

耳と肩を離す。腹部に力を入れる。尾骨を下げる。両足に均等に体重をかける。

息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら両手を元の位置に戻す。

ポーズ名

日本語名
手を上にあげるポーズ

英語名
Upward Salute

サンスクリット語名
ウールドゥヴァハスターサナ、ウールドゥヴァハスタアーサナ
ऊर्ध्वहस्तासन
Urdhva Hastasana

禁忌並びに注意事項

関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter