上向きの顔の犬のポーズ / 上向きの犬のポーズ

ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ

上向きの顔の犬のポーズ / 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

上向きの顔の犬のポーズ / 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)は、伝統的な文献によると背骨を若返らせ、とくに背中の柔軟性が欠ける人に適したポーズと言われている。このポーズの一連の動作は、背骨の力を強くし、背中の痛みが取り除かれる上、胸が広がるので、肺の弾力性が増す。

ウールドゥヴァ・ムカは「口を上に」、シュヴァーナは「犬」という意味。犬が頭をそらして伸びをしている姿に似ている。

うつ伏せになる。両足を腰幅に開き、足の甲をつけて足全体をまっすぐ伸ばす。両手を横の床におく。手の指先は前方に向けておく。

息を吸いながら頭と上体を持ち上げ、腕をまっすぐ伸ばして頭と上体をできるだけ後ろにそらす。膝、腿は床から離す。膝の裏を伸ばし、両足をまっすぐ伸ばす。両手の手のひらと足先だけで全身を支える。

背骨、腿、ふくらはぎを十分に伸ばし、また、臀部をかたく締める。胸を前方に押し出し、首を十分に伸ばしてから、頭をできるだけ後ろへそらす。このとき、手のひらで床を押すようにして、腕も十分に伸ばしていること。深呼吸を繰り返す。

腕を曲げて身体を楽にし、床の上で休む。

ポーズ名

日本語名
上向きの顔の犬のポーズ、上向きの犬のポーズ

英語名
Upward-Facing Dog Pose

サンスクリット語名
ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ、ウルドヴァ・ムカ・シュヴァナーサナ
ऊर्ध्वमुखश्वानासन
urdhva mukha svanasana

禁忌並びに注意事項

  • 背中に怪我・故障がある場合
  • 手首に怪我・故障がある場合
  • 頭痛がある場合
  • 妊娠中

関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter