木のポーズ

ヴルクシャーサナ

木のポーズ(ヴルクシャーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

木のポーズ(ヴルクシャーサナ)は、伝統的な文献によると両足の筋肉の調子を整え、平衡感覚を発達させる効果があると言われている。バランス系のアーサナは、私たちの心の状態を反映する。マインドが揺らぐときには、集中力を高めて、安定した平行を保つことが大切。

ヴリクシャは「木」の意味。木の根が幹や枝の基盤となっているように、私たちの脚も同様に、力強く端正に立つための支えとなっている。

ターダーサナで立つ。

右ひざを曲げ、左足の内腿に沿わせてあげていき、右の踵を左内腿の付け根につける姿勢をとる。

左脚で全身を支え、息を吸いながら両手を上に伸ばし、頭上で手の平を合わせる。

深呼吸をする。息を吐きながら両手を下げ、ターダーサナに戻る。

反対も同様に。

ポーズ名

日本語名
木のポーズ

英語名
Tree Pose

サンスクリット語名
ヴルクシャーサナ、ヴリクシャーサナ
वृक्षासन
Vrksasana

禁忌並びに注意事項

  • 頭痛がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter