達人座

シッダアサナ

達人座 シッダアサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

達人座(シッダアサナ)は、パドマアサナとともに最もリラックスできるアーサナのひとつ。座位の状態で身体はくつろぎ、足を交差し、背中をまっすぐにすることにより、心は目覚め、機敏な状態になる。プラーナヤーマの実践と瞑想にも適している。身体的には膝と足首を柔軟にし、腰椎周辺と腹部の血行を促進し、脊椎下部および腹部内臓の調子を整える効果があると言われている。

シッダとは、大変純粋で聖らかでシッディと呼ばれる超能力を有する半神のこと。また、「神霊能力を有する賢人、予言者、予見者」のことを言う。「シッダたちは言う、ニヤマの中で最も大切なのは誰をも傷つけないことであり、ヤマの中で最も大切なのは食事を節制することであるように、アーサナの中でいちばん大切なのはシッダアサナである。」とまで言われる基本にして奥が深いアサナ。

ダンダーサナ(座位の杖のポーズ)で座る。右膝を曲げ、かかとが体の中心線に来るように右足を引きつける。足の裏は左の内腿につける。さらに左足のかかとが右足首の前にくるように左足を寄せる。または、右脚を折ってかかとを会陰部(会陰部と肛門の間)に押し付ける。左足の裏と外側のヘリは、右脚のふくらはぎの筋肉と腿の間に添わせる。膝が十分左右に開いて床に近いならこの段階でしっかり土台ができる。

顎はやや引き、背骨と頚椎が一直線になるようにする。目は閉じるか花の先をそっと見つめる。全身で呼吸を繰り返す。このアーサナを組むときは、最初に曲げる足をその都度変えるようにする。

両手を手前床につけ、左膝を曲げて左足を上げ、できるだけ頭に近づける。このとき左内腿の筋肉を膝の内側に力を入れるようにして股の付け根に向けて伸ばす。左膝からくるぶしにかけては床と垂直にする。

ポーズ名

日本語名
達人座

英語名
The Accomplished Pose

サンスクリット語名
シッダアサナ、シッダ・アーサナ
Siddhasana

禁忌並びに注意事項

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter