テーブルポーズ

アルダ プルヴォッタナーサナ

テーブルポーズ アルダ プルヴォッタナーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

テーブルポーズ(アルダ プルヴォッタナーサナ)は、体幹を意識して上体を持ち上げ、インナーマッスルを鍛える上で効果があるポーズ。また、肩や肩甲骨周りの関節の可動域も広げる。

ダンダーサナで座る。手を肩幅に開き、膝を立てる。

息を吸いながら手で床を押し、臀部を持ち上げて体重を手足で支える。腕をまっすぐにし、腹筋を使って左右の腰を高く上げる。

腕をまっすぐに伸ばし、膝は直角に保ち、膝の下にかかとがつくようにする。つま先はまっすぐ前に向ける。腿を内転させる。

ポーズ名

日本語名
テーブルポーズ、テーブルトップポーズ

英語名
Table Pose

サンスクリット語名
アルダ プルヴォッタナーサナ

禁忌並びに注意事項

  • 首に怪我・故障がある場合
  • 肩に怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter