横たわった合せきのポーズ

スプタ バッダ コナーサナ

横たわった合せきのポーズ スプタ バッダ コナーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

横たわった合せきのポーズ(スプタ バッダ コナーサナ)は、股関節や太ももの内側を緩め、骨盤周辺並びに脚の血行を改善すると言われている。仰向けの状態でリラックスし、自分の体重を預けることで、呼吸も深まりリラックス効果もある。

同時に、循環器系、消化器系、腹部臓器を緩やかに刺激することで、更年期や月経の症状を軽減すると言われている。

バッダ・コナーサナで座る。息を吐きながら背中を徐々に床に下ろしていき、両手にもたれかかる。次に前腕に寄りかかり、上体を床に下ろす。

膝を床に落ち着かせるのではなく、鼠径部を骨盤に落ち着かせるようにする。呼吸を繰り返す。

頭頂部を床につけ、後頭部、背中の順で床につけていく。両手を頭上に伸ばして深呼吸。肩に力が入らないようにする。

両手を使って太腿を閉じ、片側に寝返りを打ち、一呼吸する。呼吸が整ったら手で床を押して、頭が最後になるようにゆっくりと体を起こす。

ポーズ名

日本語名
横たわった合せき(がっせき)のポーズ

英語名
Reclining Bound Angle Pose

サンスクリット語名
スプタ バッダ コナーサナ

禁忌並びに注意事項

  • 鼠蹊部に痛みや故障がある場合
  • 膝に怪我がある場合には、膝の下にブロックもしくは厚めのタオル等を置いて保護しながら行う。
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter