片脚の鳩の王のポーズ / 胸を開く鳩のポーズ

エカ パダ ラージャカポターサナ

片脚の鳩の王のポーズ、胸を開く鳩のポーズ エカ・パダ・ラージャカポターサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

片脚の鳩の王のポーズ(エカ パダ ラージャカポターサナエーカ / パーダ ラージャカポタアサナⅠ)は、太腿から鼠蹊部、腰筋。また上半身では腹部、胸、肩、首まで広い範囲でストレッチ効果がある。

サンスクリット語でエーカは「1」、パーダは「足」、カポタは「鳩」を意味する。ラージャカポタは「鳩の王様」のこと。このポーズでは胸部が鳩のように前方に突き出されるのでこの名前がついた。写真は完成系へ行くまでの準備ポーズ。

両足を前に出して座る。右足を曲げ、右かかとを股の付け根に引きつける。右膝は床につけておく。左足を後方にまっすぐ伸ばす。このとき、左膝、向こうずね、足先を床につける。

両手を腰に当て、胸部を前に出し、首を伸ばして頭をできるだけ後方にやり、この上体でしばらく呼吸を繰り返しバランスをとる。

両手を手前床につけ、左膝を曲げて左足を上げ、できるだけ頭に近づける。このとき左内腿の筋肉を膝の内側に力を入れるようにして股の付け根に向けて伸ばす。左膝からくるぶしにかけては床と垂直にする。

左肘に左足を引っ掛け、右手で左手を頭越しに掴む。ここで数回呼吸。右手から片方ずつ両手を離し、床に下ろす。左足を伸ばし、手前に持ってきて右足も伸ばす。同じ要領で反対側も同じ時間だけ行う。

ポーズ名

日本語名
片脚の鳩の王のポーズ / 胸を開く鳩のポーズ

英語名
One-Legged King Pigeon Pose

サンスクリット語名
エカ パダ ラージャカポターサナ、エーカ パーダ ラージャカポタアサナⅠ
Upavistha Konasana

禁忌並びに注意事項

  • 足首に怪我・故障がある場合
  • 膝に怪我・故障がある場合
  • 仙腸関節に怪我・故障がある場合
  • 股関節に怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter