蓮華のポーズ / 結跏趺坐-けっかふざ

パドマーサナ

蓮華のポーズ(結跏趺坐[けっかふざ])パドマーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

蓮華のポーズ / 結跏趺坐-けっかふざ(パドマーサナ)では、足を交差し、脊椎を伸ばす姿勢により、頭がはっきりして感受性が高まる。プラーナヤーマを行うのにも適した座り方。膝と足首を柔軟にし、腹部、腰椎、骨盤周辺の血行が良くなるため背骨と腹部内臓の調子が整うと言われている。

パドマとは「蓮」という意味で、瞑想のためのポーズでもある。釈迦像の中には、このポーズをしたものが多い。シールシャアサナとサルワーンガアサナの変形ポーズに用いられることも多い。

両足をまっすぐ伸ばして座る。両膝を曲げ、両手で右足を左腿の付け根に乗せる。このとき、右かかとはへその近くにくる。

左膝を曲げ、両手で左足を持ち、できるだけ右足の付け根の近くにおく。このときもかかとがへその近くにくる。足の裏は両足とも上向きにしておく。

背骨の下から首まで肋骨部を四方に広げながら伸ばす。右手は右膝に、左手は左膝においても良い。それぞれの手は親指と人差し指で印を作る。あるいは両足の交差するほぼ中央に、一方の手のひらをおき、その上に他方をのせても良い。

今度は逆に、左足を右腿の上において行う。両方行うことにより、足を均等に発達させる。

ポーズ名

日本語名
蓮華のポーズ / 結跏趺坐(けっかふざ)

英語名
Lotus Pose

サンスクリット語名
パドマーサナ、パドマアサナ
पद्मासन
Padmasana

禁忌並びに注意事項

  • 足首に怪我・故障がある場合
  • 膝に怪我・故障がある場合

このポーズの関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter