バッタのポーズ

シャラバーサナ

バッタのポーズ シャラバーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

バッタのポーズ(シャラバーサナ)は、消化機能を改善し、胃の調子、腹の張りを治すと言われる。身体に対しては背骨を後方へ反らすことで背骨が柔軟になるだけでなく、仙椎、腰椎周辺の痛みを取り除く。

むこうずねを床に垂直に曲げ、膝を開いて行うのも一つの変形。これを行うには、息を吐きながら身体を上下に伸ばすようにして腿を持ち上げ、両膝がお互いにつくまで腿を閉じていく。むこうずねは常に床と垂直に保つ。

うつ伏せになる。手のひらを上にして、手を後方に伸ばす。

息を吐きながら、頭、胸を持ち上げ、同時に足をできるだけ高く上げる。

手も肋骨も床から離し、腹部のみ床につけて、身体全体を支える。

臀部を締め、腿をしっかり伸ばす。両腿はお互いにつけて、両足をまっすぐに、十分伸展する。手に体重をかけない。肩、手を後方に伸ばすと、背筋はさらに伸びる。腹筋が強くなるにつれてやりやすくる。

ポーズ名

日本語名
バッタのポーズ

英語名
Locust Pose

サンスクリット語名
シャラバーサナ、シャラバアサナ
शलभासन
salabhasana

禁忌並びに注意事項

  • 頭痛の場合
  • 腰に怪我がある場合
  • 首に怪我がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter