うさぎのポーズ

シャシャンカ アーサナ

うさぎのポーズ(シャシャンカ アーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

うさぎのポーズ(シャシャンカ アーサナ)は、頭頂の百会(つぼ)を床につけることで刺激することで、疲労回復、肩こりの改善が期待できると言われている。 

「シャシャンカ」とはウサギの意味。首の負担に気をつけて行う。

子どものポーズ(チャイルドポーズ)から始める。両手でかかとを掴み、頭を託し込んで、額を膝に近づける。

息を吸いながら体を前に丸めて頭頂を床につける。胸を腿から離し、臀部を高く宙に上げる。息を吐きながら臀部と胸を下ろし、最初の姿勢に戻る。呼吸のリズムに合わせて、体を丸めたり戻ったりを繰り返す。

最後に高く腰を上げたまま静止し、何度か呼吸する。手でしっかりとかかとを掴んだまま、背中の中央部と腰を押し上げ、世雄の肩甲骨の間を広くあける。背中の皮膚が張ると同時に、背中の筋肉が心地よく伸びるのを感じる。頸椎もなるべく身体から遠ざけるようにして押し出し、頭の真上に体重がかかるようにする。目を閉じ、首の付け根と肩の上が伸びるのを感じる。

ポーズ名

日本語名
うさぎのポーズ

英語名
Hare Pose

サンスクリット語名
シャシャンカ アーサナ

禁忌並びに注意事項

  • 首に怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter