前腕をほぐす前屈

パーダハスタアサナ

前腕をほぐす前屈(パーダハスタアサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

前腕をほぐす前屈(パーダハスタアサナ)は、パーダングシュタアサナと同じ効果をもたらす。パーダハスタアサナの方が身体をより激しく使う。伝統的な文献によれば腹部内臓の調子が整い、消化液の分泌が促され、肝臓、膵臓の働きが活発になると言われる。

パーダは「足」、ハスタは「手」のこと。前屈し、手の上に乗るポーズ。

タダーサナのポーズで立ち、少し足を開く。

息を吐きながら前屈し、膝を曲げないようにして、手を足の下に入れ、手のひら全体を足の裏につける。

頭を持ち上げ、背中をできるだけくぼめる。膝をまっすぐ伸ばし、呼吸を繰り返す。

息を吐きながら肘を曲げ、さらに前屈して、頭を両足の間に入れる。このとき、両手で足の裏をひきあげるようにする。

息を吸いながら頭を持ち上げ、ゆっくりとタダーサナに戻る。

ポーズ名

日本語名
前腕をほぐす前屈

英語名
Hand Under Foot Pose

サンスクリット語名
パーダハスタアサナ
padahastasana

禁忌並びに注意事項

腰に怪我・故障がある場合

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter