門のポーズ

パリガーサナ

門のポーズ(パリガーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

門のポーズ(パリガーサナ)では、骨盤とその周辺が伸ばされる。また腹部を一方へ曲げることにより他方が伸びるので、腹の筋肉と腹部内臓の調子が整う。

パリガは「戸締り用のかんぬき」のこと。このポーズは身体が横に差し渡したかんぬきの形に似ているため、その名がつけられた。

両足首をつけて膝まづく。

右足を伸ばして、右足、上体、左膝が一直線になるようにおく。右膝をまっすぐ伸ばして、右の足首以下を外に向ける。

息を吸いながら、両手を横に伸ばす。

息を吐きながら上体と右手を、伸ばした右足の方へ曲げていく。右手をできるだけ右足首に近づけ、右腕、手首を、それぞれ右向こうずねと足首につける。右の手のひらは上を向いているようにする。右耳は右上腕に当たるようにする。ついで左手を頭上に大きく円を描く要領で右手に重ねる。このとき、左の耳は左上腕に触れる。左右両腹部の筋肉は、片方が縮んで片方が伸びるということがないように気をつける。呼吸を繰り返す。

息を吸いながら上体と手を戻し、次に右足を曲げ、ひざまづき、①に戻って左右の足首をつける。反対側も同様に同じ時間繰り返す。

ポーズ名

日本語名
門のポーズ

英語名
Gate Pose

サンスクリット語名
パリガーサナ、パリガアサナ
परिघासन
parighasana

禁忌並びに注意事項

  • 背中または背骨に怪我・故障がある場合
  • 頭痛・片頭痛がある場合
  • 低血圧がある場合
  • 不眠症の場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter