四肢で支える杖のポー​​ズ

チャトゥランガダンダーサナ

四肢で支える杖のポー​​ズ(チャトゥランガダンダーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

四肢で支える杖のポー​​ズ(チャトゥランガダンダーサナ)は、手首の可動性と力を増加させ強化する。また、体幹強化にも有効。腹部内臓を収縮させて調子を整えるとも言われる。

チャトゥルは「4」、アンガは「手足」・「手足の部分」、ダンダは「杖」を意味する。手のひらと足の4カ所で身体を支え、全身を杖のように伸ばし、床と平行に保つポーズ。

うつ伏せになる。

腕を曲げて手を胸の横に置き、手のひらを床につける。両足は骨盤幅に話す。

つま先を立てて息を吐きながら全身を持ちあげる。両手両足の力は均等にし、腹筋を使って身体を支える。

全身を1本の杖のように伸ばし、頭から足先までつかと平行にする。

ポーズ名

日本語名
四肢で支える杖のポー​​ズ

英語名
Four-Limbed Staff Pose

サンスクリット語名
チャトゥランガダンダーサナ、チャトゥランガ・ダンダアサナ
चतुरङ्गदण्डासन
chatranga dandasana

禁忌並びに注意事項

関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter