三角のポーズ

ウッティタトリコーナーサナ

三角のポーズ(ウッティタトリコーナーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

三角のポーズ(ウッティタトリコーナーサナ)は、両足の筋肉の調子を整え、足と尻の筋肉をほぐす。足のちょっとしたゆがみを矯正し、足を均等に発達させるとも言われている。

ウッティタは「広がった」「伸びた」という意味。トゥリは「3」、コーナは「角」を表すので、トゥリコーナとは全体で「三角形」を意味することとなる。この立ちアサナは三角形に全身を伸ばしたポーズである。

タダーサナのポーズで立つ。深く息を吸い、ジャンプして両足を90cm〜1m開く。肩を上げないようにして、手のひらを下に向け、両手を真横に伸ばす。右足先を90ど外に向ける。左足先をほんの少し右に向ける。左足を内側から伸ばし、膝の裏を伸ばす。息を吐きながらじょうたいを右に曲げ、右の手のひらが右足首につくようにする。

できれば右の手のひらを完全に床につける。(右側上腕部が縮まないように腰を使うこと)。右肩と一直線になるように左手をまっすぐ伸ばし、上体を伸ばす。両足の後ろ側、上背部、尻が一直線になるようにする。伸ばした左手の親指を見つめ、右脚の膝の裏を伸ばし、膝頭を上に引き上げるようにして、右膝を右足先の方へ向ける。

l呼吸を繰り返す。リリースするときは、右手を床から離し、息を吸いながら起き上がる。

左足先を90度まで外に向けて開き、右足先を少しだけ内に向ける。両膝をしっかり伸ばして、反対側も繰り返す。左右同じ時間だけ繰り返す。

息を吐きながらジャンプしてタダーサナの位置に戻る。

ポーズ名

日本語名
三角のポーズ

英語名
Extended Triangle Pose

サンスクリット語名
ウッティタトリコーナーサナ、ウッティタ・トリコナーサナ
उत्थितत्रिकोणासन
uttita trikonasana

禁忌並びに注意事項

  • 頭痛がある場合
  • 首に怪我・故障がある場合
  • 低血圧の場合
  • 高血圧の場合

このポーズの関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter