足の親指をつかんで伸ばすポーズ

ウッティタハスタパーダーングシュターサナ

足の親指をつかんで伸ばすポーズ(ウッティタハスタパーダーングシュターサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

足の親指をつかんで伸ばすポーズ / 手で親指をつかんで伸ばすポーズ(ウッティタハスタパーダーングシュターサナ)足の筋肉を強化し、安定性を養う効果がある。

ウッティタとは「伸びた」、ハスタは「手」、パーダングシュタは「足の親指」を意味する。片足で立ち、他方の足を上に伸ばし、頭をその足につけるポーズ。

タダーサナのポーズで立つ。息を吐きながら、右膝を曲げ、右足を持ち上げる。右手の親指、人差し指、中指の3本で右足親指を掴む。(ヨギトゥロック)

左手を腰にあてて、バランスをとる。息を吐きながら右足を前方に伸ばし、手で引っ張る。この姿勢で安定したら、両手で右足を抱え、さらに高く持ち上げる。

息を吐きながら、頭、鼻、顎の順に右むこうずねにつけていく。呼吸を繰り返す。

このままでも良いが、さらに右足を右真横に移動させても良い。さらに目線を左に。

息を吐きながら顔、右足の順で正面へ戻し、手を離して右足を床に降ろし、タダーサナののポーズに戻る。反対側も同様に。

ポーズ名

日本語名
足の親指をつかんで伸ばすポーズ、手で親指をつかんで伸ばすポーズ

英語名
Extended Hand-To-Big-Toe Pose

サンスクリット語名
ウッティタハスタパーダーングシュターサナ、ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナ
उत्थितहस्तपादाङ्गुष्ठासन
uttita hasta padangustasana

禁忌並びに注意事項

  • 足首に怪我・故障がある場合
  • 腰に怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter