腕を伸ばした子どものポーズ

ウッティタ バーラアーサナ

腕を伸ばした子どものポーズ ウッティタ バーラアーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

腕を伸ばした子どものポーズ(ウッティタ バーラアーサナ)は、四つん這いになり、踵の上に腰を下ろして正座の形で手を床に付く。額を床に付けて腕を下してリラックスをするポーズ。背中を中心に全身の力を抜き、中心に意識を傾けることができるため、深いリラックスが得られる。

バーラーサナは子どものポーズ。ウッティタとは、サンスクリット語で伸ばすことを意味する。両腕を全面に伸ばすことで肩甲骨から背骨全体を開くことができる。

左右の膝を開いて膝立ちし、両足の親指をつける。

息を吐きながら腰を下ろす。

息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら両腕を遠くへ伸ばし、前屈する。肩は床に落として、耳との距離を開く。

首の後ろを長く保ちながら額を床につける。肋骨を内腿の間に落とす。

息を吸いながら上体を起こす。

ポーズ名

日本語名
腕を伸ばした子どものポーズ

英語名
Extended Child’s Pose

サンスクリット語名
ウッティタ バーラ アーサナ
Utthita Balasana

禁忌並びに注意事項

  • 膝に怪我・故障がある場合
  • 太ももに怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter