こどものポーズ

バーラーサナ

こどものポーズ バーラーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

こどものポーズ(バーラーサナ)は、尾骨を骨盤の後ろから引き離し、上体も骨盤から伸展させて、背中全体にわたり伸びをする。姿勢を意識できるポーズ。

こどものポーズは、休息をとるうえでも効果的なポーズ。肩甲骨を含めて深い伸展をさせる場合には、腕を伸ばした子どものポーズ(ウッティタ バーラアーサナ)を参照。

足の指を重ねない正座をする。これを金剛座と呼ぶ。

背筋を上に伸ばす。息を吐きながら上体を骨盤から前に倒し、心臓を膝寄りの腿の上に乗せ、額を床に付ける。

腕を脇から後方に伸ばし、指は軽く曲げたまま、手の甲を床に付ける。背中上部を左右に大きく開き、緊張が全て肩から腕へ、そして身体の外へと逃げていくようにする。肘は完全に力を抜く。首の緊張は全て解きほぐす。腰は力を抜き、柔らかく保つ。

ポーズ名

日本語名
こどものポーズ

英語名
Child’s Pose

サンスクリット語名
バーラーサナ、バラーサナ、バーラアーサナ
बालासन
balasana

禁忌並びに注意事項

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter