椅子のポーズ

ウッカターサナ

椅子のポーズ(ウッカターサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

椅子のポーズ(ウッカターサナ)は、正しく行うことで肩のコリをとり、軽度の足の歪みの矯正に効果があると言われている。また、横隔膜が引き上げられ、胸が十分広げられるので、胸筋も発達する。

ウトゥカタは「力強い」「激しい」「つりあいのとれていない」という意味で、完成ポーズは椅子に座るような形となる。

タダーサナのポーズで立つ。両手を頭上に伸ばし、手のひらを合わせる。

息を吐きながら膝を曲げ、腿が床と平行になるまで上体を下ろしていく。

前かがみにならないように胸を大きく広げる。呼吸を繰り返す。

息を吸いながら足を伸ばし、手を下ろしてタダーサナに戻る。

ポーズ名

日本語名
椅子のポーズ

英語名
Chair Pose

サンスクリット語名
ウッカターサナ、ウトゥカターサナ
उत्कटासन
utkatasana

禁忌並びに注意事項

  • 頭痛がある場合
  • 低血圧の症状がある場合

関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter