橋のポーズ

セートゥバンダサルヴァーンガーサナ

橋のポーズ(セートゥバンダサルヴァーンガーサナ)

PHOTO: DAISUKE MIURA

橋のポーズ(セートゥバンダサルヴァーンガーサナ)は、身体を反らせ、肩、足の裏、かかと、腰にあてがった手で全身を支える。

セツは「橋」、セツ・バンダは「橋をかける」こと。このポーズでは、このアサナは羽を広げた孔雀(マユーラ)に似ているので、別名ウッターナ・マユーラアサナとも呼ばれる。

仰向けに寝そべり、腕を両脇に伸ばし、膝を曲げる。足は腰幅に開き、坐骨とかかとを一直線上にそろえ、つま先は外側でなくまっすぐ前方に向ける。息を吸いながら足を床に踏ん張り、腰を持ち上げて、臀部を床から離す。

腕を足の方へ伸ばしたまま、腰の下で手の平を合わせ、指を絡ませる。手の小指側の側面を床に押し付けながら、指の付け根をかかとに向けて伸ばす。左右の腰をさらに高く上げ、反った身体を肩で支える形になる。顎は引き、首の後ろは長く伸ばす。腿の前部を高く押し上げる。尾骨は膝の方へ伸ばす。膝を互いに近づけ、つま先の上で引き寄せる。

ポーズ名

日本語名
橋のポーズ

英語名
Bridge Pose

サンスクリット語名
セートゥバンダサルヴァーンガーサナ、セツ・バンダ・サルヴァンガーサナ、ウッターナ・マユーラアサナ
सेतुबन्धसर्वाङ्गसन
Setu Bandha Sarvangasana

禁忌並びに注意事項

  • 首に怪我・故障がある場合
TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter