弓のポーズ

ダヌラーサナ

弓のポーズ、ダヌラーサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

弓のポーズは、背骨を伸ばす。加齢に伴って柔軟性を失う背骨の柔軟性を取り戻せる。このポーズにより、背骨の弾力性を取り戻し、腹部内臓の調子を整えることができると言われている。

ダヌーは「弓」のこと。手は弓の弦の役割を果たし、頭部、上体、足を引っ張りあげる。ちょうど弓をひいた形。

うつ伏せになる。息を吐きながら膝を曲げる。両手を後方に伸ばし、左手で左の足首、右手で右の足首を掴む。

息を吐ききるようにして、膝を床から離し、体を伸ばしながら両手をさらに上げ、胸も反らせる。身体は弓、手は弦の役目を果たし、手で身体をいっぱいまで張るようにする。頭をできるだけ後方に反らせる。肋骨も骨盤も床につけない。下腹部だけで身体全体を支える。

両足をあげる時は両膝をつけない。つけると足が十分に上がらない。足が完全に上がるようになってから、両腿、両膝、量足首をお互いに合わせていく。腹部が伸びることで呼吸が早くなりがちだが、ふつうに呼吸を繰り返す。

息を吐きながら足首から手を離し、足を伸ばす。ついで頭と足を床の上に戻し、身体を楽にする。

ポーズ名

日本語名
弓のポーズ

英語名
Bow Pose

サンスクリット語名
ダヌラーサナ、ダニュラーサナ、ダヌラアサナ
धनुरासन
dhanurasana

禁忌並びに注意事項

  • 腰、または首に怪我がある場合
  • 高血圧、低血圧
  • 片頭痛
  • 不眠症

関連記事

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter