両足の親指を掴むポーズ

ウバヤ パーダングシュタアサナ

両足の親指を掴むポーズ ウバヤ パーダングシュタアサナ

PHOTO: DAISUKE MIURA

両足の親指を掴むポーズ(ウバヤ パーダングシュタアサナ)は平衡感覚、バランス力を養うポーズ。

十分に足を伸ばすことで、腿とふくらはぎの形を整える。ウバヤは「両方」、パーダングシュタは「足の親指」を意味する。

両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げて足を尻に近づける。

各々の手(人差し指と中指)で足の指をつかみ(ヨギトゥロック)、息を吐きながら両足を持ち上げる。膝頭を腿の方に引き寄せるようにして膝を伸ばす。このとき、背中をできるだけ凹面状に引っ込ませ、尻で全身を支える。初めのうちは後ろに倒れてしまい、尻のみで全身で支えることができるようになるまでは時間と練習を要する。呼吸を繰り返す。確実に行えるようになったら、足の親指の代わりにかかとをつかむ。

これも容易に行えるようになったら、両手を足の裏で組む。さらに頭と上体を足の方に近づける。首を伸ばし、息を吐きながら額を膝につけ、両足と背骨をいっぱいに伸ばす。呼吸を繰り返す。

息を吸いながら手を離し、下肢を曲げて床の上に戻し休む。

ポーズ名

日本語名
両足の親指を掴むポーズ

英語名
Both Big Toes Pose

サンスクリット語名
ウバヤ パーダングシュタアサナ、ウバヤ・パーダングシュタ・アーサナ
Ubhaya Padangusthasana

禁忌並びに注意事項

TULA NEWSLETTER
TULA Newsletter