サムバンダ – 自信を喪失した時にこそ思い出したいあなたの影響力

自分はたったひとりなんだと孤独を感じたことはありませんか?人間関係がうまくいかなくて、自分に自信をなくしたこと、私はあります。でも、大丈夫。あなたにも皆を良い方向へと向かわせる影響力があるのです。そんな自信喪失したときにこそ、思い出したいヨガの概念をご紹介します。

願望実現への意図を強くして願いを叶える方法 – サンカルパとは?

あなたのその願い、本物ですか?「え?」っと思うなら、それが本当の心から湧き出る願望なのか確かめる方法があります。そしてそれを強くします。今回はヨガ哲学の中から、あなたの願望を叶える素敵なヨガの教え、サンカルパ(sankalpa)をご紹介します。

感情と思考のパターンをコントロールしてイキイキと生きる

日常生活で、すごく活動的で元気な日もあれば、何もしたくなくて落ち込みから立ち直れない日、どちらも経験はありませんか?それは、私たちに3つのグナ(guna)性質、があるから。グナの性質を理解できれば調子がいい時、悪い時のコントロールができるようになり、より幸せを感じやすく、相手のことをよく観察することができます。

八支則5〜8 – ヨガで変化した日常の光景

ヨガの八支則も最終段階です。八支則は至福をもたらす8つの段階、プロセスとしてヨガを支える大切な哲学です。今回は八支則5から8をそれぞれ見ていきます。正直にヨガの言う悟りはわかりませんが、ヨガを深めてきた過程で得られた人生の変化についても触れています。

八支則4のプラーナヤーマ – 呼吸の力

八支則4のプラーナヤーマは、呼吸法や調気法と呼ばれています。私たちの内臓器官はほとんど意識することができませんが、肺だけは意識できることに気づきます。呼吸を通じて自分の心身のバランスを整える術がある。このことがプラーナヤーマの大切さを気づかせてくれるのです。

八支則3のアーサナ – “動く瞑想”と言われるアーサナの真実

八支則も3番目のアーサナに。普段、当たり前すぎてアーサナについて考えることもあまりありません。呼吸法や瞑想の間でアーサナは何を意味しているのでしょう? パタンジャリがヨーガ・スートラの八支則で説くアーサナを今一度見ながらアーサナの本当の姿を紐解きます。

八支則のニヤマ – 豊かな人生を歩む時忘れない5つのルール

八支則のニヤマはヨガを実践していく上での行動指針。しかし、読み進めていくと現代の私たちに大切な示唆を与えてくれています。誰でも夢や目標は持つべきです。しかし、一歩間違えれば執着と欲望が生まれることも。夢と欲望、その境目は一体どこなのか?ニヤマにその答えがあるかもしれません。

八支則のヤマ – うまくいかない時にこそ思い返したい5つの心得

八支則のヤマは、やってはいけない禁戒を定めたもの。道徳的な5つの心得です。現代社会でこれらを守ることは難しいかもしれませんが、解釈によってとても大切な考えであることにも気づけます。一生懸命、努力しても報われない、何かうまくいかないと思った時、読み返してみると良いかもしれません。

ヨガの八支則とは? – あなたの日常に平穏と至福をもたらす大切な哲学

至福と幸福をもたらすとされるヨガ。その過程を示したとも言えるヨガの八支則についてまとめています。ただし、古典であるがゆえに現代にフィットしないことも…。単にヨガの八支則を鵜呑みにするのではなく、私たちの日常にどう活かしていけるのかを考えるのが大切です。

第6チャクラ活性化 – サードアイで直感やインスピレーションを得よう

第6チャクラは、いわゆる人の第六感といわれるような、直感やインスピレーションなどに関係したチャクラです。確かに理屈では説明できない直感はよくありますよね。こうした直観力やアイデアのひらめきを活性化させるためにも、第6チャクラのバランスを意識してみましょう。