ボディ

幸せに生きるためには、私たちの身体のメンテナンスが欠かせません。

ヴァータ ピッタ カパ体質の特徴 – 3つのドーシャの良さと弱点を併せ持つ

アーユルヴェーダのドーシャ(体質)。今回で最後となる体質は、ヴァータ ピッタ カパ です。3つの性質を持ち合わすこの複合体質は、良さもある反面、弱点も。。この体質を持つ方は少ないはずですが、この体質と診断された方は参考にしてみてくださいね。

コールドプレスジュース – アーユルヴェーダで自分にあった素材を選ぶ

今トレンドなコールドプレスジュース。改めてコールドプレスジュースとは?からメリットを紹介しています。また、自分にあったコールドプレスジュースを選ぶ方法を TULAからご提案。消化力(アグニ)をあげるアーユルヴェーダだからこそ、本当に自分に適した素材を選べます。自分の体質にあったオリジナルのコールドプレスジュースを見つけましょう。

ヴァータ・カパ体質の特徴 – 人に優しいその一方で我慢が過ぎる

今回も続くアーユルヴェーダのドーシャ診断。ヴァータ カパと二つの複合(混合)体質を持つ人の特徴と性質を解説します。優しい性格を持ち平和主義のヴァータ カパ体質ですが、何事にも我慢が過ぎてストレスを溜め込んでしまいがち。そして寒さに弱いという性質を持ちます。

マインドフルネス瞑想 – ビジネスパーソンの必須スキルの一つに

マインドフルネス瞑想が、ビジネスパーソンのスキル?これまでビジネスパーソンのスキルは時間管理や優先順位付けなどの生産性向上、そして思考法などが盛んに紹介されていましたね。今後はそれに加えて、自らストレス低減や集中力向上、創造性を高めるなどのスキルが必要になってくるかも。昨今のマインドフルネス瞑想が盛んに紹介されているのも、実はこれが背景にあるのかもしれません。

ヴァータ ピッタ体質の特徴 – 活発で働き者だがストレスに注意

アーユルヴェーダのドーシャ。ヴァータ ピッタと二つの複合的な体質を持つ人もいます。活発で働き者の一方でストレスを溜めがちという性格と特徴を持っているなど、ヴァータ ピッタ体質の特徴をもとに、特に気をつけたい季節のほか、避けたほうがいいことなど、まとめています。

アーユルヴェーダ カパ体質 – 食事が好きで食べることで心の安らぎを得る

今回は、アーユルヴェーダのドーシャ(体質)、「カパ」についてです。カパ体質の特徴やバランスを崩しやすい原因などをまとめています。カパは「地」と「水」の要素からなり、身体構造のほとんどを作り上げます。簡易診断でカパ体質とわかったら、まずは自分の体質を理解して日々の生活に活かしましょう。

アーユルヴェーダ ピッタ – チャレンジ精神が旺盛で負けず嫌い

アーユルヴェーダのドーシャ(体質)のうち「ピッタ」について解説します。ピッタは「火」と「水」の要素からなります。本記事では、ピッタ体質の特徴やバランスを崩しやすい原因などを理解し、日常で心がけることなどをまとめています。簡易診断でピッタ体質とわかったら、まずは自分の体質を理解して日々の生活に活かしましょう。

アーユルヴェーダ ヴァータ – 風のように変化が激しく不規則になりがち

アーユルヴェーダのドーシャ(体質)の一つである「ヴァータ」。ヴァータは「空」と「風」の要素からなり、風のように「動く」性質を持ちます。本記事では、ヴァータでバランスを崩しやすい原因と日常で気をつけるべきことをまとめています。簡易診断でヴァータ体質とわかったら、まずは自分の体質を理解して日々の生活に活かしましょう。

アーユルヴェーダ体質診断 – 自分の体質(ドーシャ)を知り体調管理に生かそう

前回までにアーユルヴェーダの大切な考え方として、ドーシャとプラクリティ、ヴィクリティについて説明してきました。今回はあなた自身の体質診断のための質問票を用意しています。これで自分のプラクリティとドーシャを把握してみましょう。

身体の不調?自分の本質(プラクリティ)を知れば回復への道筋が見えてくる

西洋医学では原因不明とされがちな”なんとなくの身体の不調”ですが、アーユルヴェーダでは本来の自分のバランスが崩れた状態と考えます。現在の体調を本来の体調へ戻すことを思想とするアーユルヴェーダの”プラクリティ”と”ヴィクリティ”。アーユルヴェーダを理解する上で大切となる考え方について解説します。