真旗 慶子
真旗 慶子
69 Articles0 Comments

真旗慶子 Maki Keiko(旧名:早坂理恵)/ Aarati。女優。8歳でデビュー。演技の勉強を始めて間も無く、NHK朝の連続テレビ小説のキャストに選ばれる。18歳で上京し数々の現場で経験を積む中、持病である心臓の病と比較的新しい「脳脊髄液減少症」を発症。芸能活動を休止。現在、復帰したものの今もなお治療中。プライベートではヨガをライフワークとし、水素美容分野での活動(「水素美容のひみつ」著者)。全米ヨガアライアンス RYT500, RPYT(マタニティヨガ), RCYT(キッズ), シニアヨガインストラクター / アシュタンガヨガインストラクター / フィジカルトレーニングインストラクター / YOGA ed. PI1修了 / マクロビオティックセラピスト / アーユルヴェーダベーシック / アンチエイジングアドバイザー / 健康美肌指導士 / 美肌食マイスター など複数の資格を有すなど、心と身体の真の健康をテーマに活動を行っている。

太陽礼拝レベルアップ!アルダチャタランガダンダーサナのミスアライメント

「板のように」しっかりとまっすぐ身体を支えるアルダチャタランガダンダーサナ。見た目ではシンプルなものの実践するには、膝蓋骨の向き、大腿四頭筋、さらにハムストリングス、内転筋など全身を集中しなければいけません。シンプルなポーズだからこそ、しっかりチェック。…

太陽礼拝レベルアップ!アルダ ウッタナーサナのミスアライメント

ウッターナアーサナに「アルダ」がついた「アルダウッターナアーサナ」。サンスクリット語のアルダの意味を読み解くことで、このアーサナの真意がわかります。ポイントは「背骨を伸ばす」こと。起こりやすいミスアライメントを確認し修正していきましょう。…

春の食養生 – 酸味を取り入れ肝の調子を整えよう

「五月病」は「肝」を整えることで防げる?中医学の教えからすると春に対応するのは「肝」。そして肝を整えるには「酸味」が良いとされています。 今回は春の食養生として春に適した食材と、普段の食事や献立に簡単に酸味を取りいれられるコツをお教えします。…

おすすめヨガウェア – 定番から海外・個性派も納得のブランドリスト

春になり新しい季節になると新しいヨガウェアがほしくなります。今、アクティブウェアを日常のファッションに取り入れる方も増えています。そのため様々なブランドがヨガウェアを発表しているので選択肢も実に多いですね。今回は新しいヨガウェアを選ぶためのブランドリストを作成してみたので是非参考にしてみてください。…

太陽礼拝レベルアップ!ウッターナアーサナ、5つのミスアライメントチェック

太陽礼拝のウッターナアーサナ。ポーズ(アーサナ)の形からどうしても柔軟性が重視されがちです。しかし、もっと大切にしてほしいのが、坐骨と股関節。いくつかあるミスアライメントの中でも特に気をつけたいポイントです。ここができているか、できていないかで効果が変わります!…

太陽礼拝をレベルアップ!ウルドヴァハスターサナのミスアライメントチェックリスト

太陽礼拝のウルドヴァハスターサナ。これもまた立ったまま腕を頭上に伸ばすだけと思われがち。ありがちなミスアライメントから今回は肩関節、肩甲骨、首の後ろ(頚椎)の3つをピックアップ。腕を高く伸ばしたほうがキレイと思っている方、要注意。これを見て修正していきましょう。…

太陽礼拝をレベルアップ!ターダアーサナのミスアライメントチェックリスト

ヨガ初心者にとっても経験者にとっても特別なシークエンス、太陽礼拝。身近であるからこそ、間違いに気付かず自分流で進めていませんか?今回は太陽礼拝Aのアーサナからターダアーサナをピックアップ。ミスアライメントや間違いやすいポイントをあげていますので復習として確認してみましょう!…

食養生で内側からキレイに – 腎機能を高める食材選びとアイデア献立

中医学では腎機能が低下すると疲れやすくなったり、腰痛、肩こり、耳鳴りや難聴、抜け毛、白髪、精力減退等様々な老化現象を生むと言われています。アンチエイジングのためにも腎機能を高めることが大切です。今回は普段の料理に役に立つ、腎機能を高める食材選びとアイデア料理をご紹介します。…

食養生から考える花粉症対策 – ポイントは「肝腎要」

肝腎要(かんじんかなめ)とは、特に注意する、重要という意味で使われる言葉。これは私たちの内臓を指している言葉です。実は中医学の食養生を考える上でも大切な言葉なのです。今日は本格的に迎える花粉症も軽減できる食養生の考え方についておお話です。…