甲田 美香子
甲田 美香子
9 Articles0 Comments

幼稚園教諭、バクティフローヨガBasic修了、YOGAed. キッズヨガPI1修了。4歳で人生の師と呼べる先生に出会い、幼稚園の先生になる!と決め現在に至る。こどもとの関わりや保護者、同僚との連携などストレスフルな中ヨガに出会い、持病の腰痛や肩こりが緩和するだけでなく心が軽くなる感覚を覚える。ヨガは大人だけでなく子どもにも必要であると今伝えたい。チャイルドカウンセラー、学習支援員、日本古来の整体である均整術でもある。

変えようとせず嫌を客観的に受けとめ、受け入れられる日が来るように。

乗り越えるのが難しい「嫌なこと」。誰にでもあるのではないでしょうか。もしその嫌なことに悩んでいるのなら、「克服する」のではなく「変えようとしない」と考え方を変えてみてください。

思いやり – いつの間にか忘れている「相手を察する」こと

まだ言葉を知らない子ども二人のやりとりに、私たちが忘れている思いやりの心を思い出します。それは相手を察すること。人間の表現方法は言葉だけではないのです。

言われたくない言葉で不愉快な気持ちになった時の対処法

仕事や友人、私たちは一人では生きていけないからこそ関わりを持ちます。しかし、時としてその関わりから傷つくことも。言われたくない一言を言われてしまうのは仕方ない?しかし不愉快な気持ちをそのままにしてしまっては不健康。そんな時でもスッと気持ちがが楽になる対処法をご紹介します。

子どもの様な柔らかい心を保つためのたった一つの言葉

私たちはいつの日か子供のような素直な表現ができなくなってきます。そして日常の中でネガティブな感情になる事象にみまわれることが多くなってしまうもの。大人になれば仕方ないことです。しかし、たった一つの言葉を意識的に使うことで目の前の世界は変わります。

瞑想のススメ – 自分にも周りにも優しくなれる

朝も本格的に寒さを感じるように。こんな朝こそ瞑想がオススメです。気持ちがフラットになり、素直になれる自分がいます。そして継続することで自分にしなやかさが備わってくることに気づけます。

奇跡はめったにない?いえ、実はあなたの目の前に

奇跡っていうと神がかったもの?めったにないものとイメージします。でも、捉え方一つで目の前のなんてことはない出来事が奇跡に変わるのです。これを読めば奇跡に関する真実がわかります。もっと身近なものなのです。

マインドフルネスで目の前の幸せを目一杯感謝しよう

文字で見るとわかる様なわからない様な感じのあるマインドフルネス。だからこそ実際に体験してみました。すると呼吸に集中することで心が解けていく自分がいたのです。今、この瞬間に集中して自分をありのままに受け入れることができれば、自分に優しくできる。そして他人にも優しくできる。実はとてもシンプルなのです。

覚えておくと便利 – 緊張を和らげる2つの呼吸法

見通しが利かない時、結果を出さなければいけない時、きまって緊張してしまうというあなた。そんな時には呼吸に集中しましょう。いずれも簡単、どこでもできる、緊張が和らぐヨガの呼吸法をご紹介します。また緊張するお子さんがいるなら上手にナビゲートすることで緊張が和らぎ、きっと笑顔になるはずです。

上手くいかない時こそ思いを伝えよう – 表現の意外な効果

上手くいかない時やそうでない時も、自分の思いを伝えることは様々な波及効果があります。普段当たり前すぎて気づかないコミュニケーションに、ヨガ的な行為が見て取れます。今日は思いを伝える効果について考えています。