ヨガの基本

ヨガの歴史

Yoga Basics For Beginner

紀元前 – インダス文明にまで遡るヨガ

ヨガの起源は、今から約4500年前(紀元前2500年)頃、インド地方に生まれたインダス文明にあると言われています。

インダス文明の遺跡、モヘンジョ・ダロから座法や瞑想する人が記された出土品が発見されたことから、当時から何らかの修行法が存在し、それが後にヨガとして確立されていったと言われています。

その後、紀元前1500年頃、北からインドにアーリア人が南下し、ヨガを発展させました。アーリア人はバラモン教を信仰しており、紀元前1000年頃、ヴェーダ聖典(宗教的書物)を編纂。その中にヨガに通じる哲学や考え方の記載があったと言われています。

ヨガという言葉が明確に確認されたのが、ウパニシャッド(奥義書)の文献です。ウパニシャッドは一つではなく、紀元前800年から西暦200年といった長い歴史の中で、200以上に上ります。ヨガは、中期のウパニシャッドである、カタ・ウパニシャッドに出てきていることから、紀元前300〜350年頃には、社会的にヨガが修行法として確立され、認知されていたと思われています。

ヨガの根本経典「ヨーガ・スートラ」

その後、時代は流れ2〜4世紀頃、インドの哲学者パタンジャリによってヨーガ・スートラが編纂されました。ヨーガ・スートラは、ヨガを体系的にまとめたもので、ヨガの根本経典として最も古い古典文献となりました。

ヨーガ・スートラは、瞑想を中心に本当の自分(真我)を見つめ、どう生きるべきかを内側から探す方法を説き、八支則と呼ばれるヨガを深め、悟りを開くための段階的方法を紹介しています。

また、ヨーガ・スートラのヨガは、現在のアーサナ(ポーズ)を中心とした動的なものではなく、瞑想と座法を中心とした静的なヨガでした。

動的なハタ・ヨガの誕生

12〜13世紀頃、それまでヨガの中心であった瞑想と座法に加え、アーサナ(ポーズ)と呼吸法(プラーナヤーマ)で構成されたハタ・ヨガが生まれました。ハタ・ヨガは、現在、世界的に広がっているヨガの原型とも言えます。ハタ・ヨガの「ハ」は、太陽=陽を、「タ」は、月=陰を意味し、ヨガは「結合、つなぐ」を指し、「悟り」とは「自我との結合」や「宇宙と自分の結合」を意味するものです。

ハタ・ヨガは、動的なアーサナ(ポーズ)を組み込み、呼吸法と合わせ、自分を客観的に見つめるということから始まります。その過程で集中することで、意識と身体を一体化させるというもの。また、陰と陽といったことなる要素を整えることを目的とするため、心身のバランスを整えることにもつながっているのです。

現代に受け継がれるヨガ

現代社会の私たちからすれば、自我のバランス、相手と自分のバランス、社会と自分のバランス、身体と精神のバランスを整えると言い換えられるかもしれません。その発祥は紀元前に遡り、絶えることなく脈々と受け継がれてきたヨガは、現代の人々にも実践されているのです。

4500年もの時を経て、現代に受け継がれるヨガがもたらすものは、一体どのようなものがあるのでしょうか?

ヨガの効果では、私たちがヨガで得られる変化や効果についてまとめていあす。

TULA Mail Magazine 購読
TULA Newsletter