ヨガの効果

ヨガの身体的効果

Yoga Basics For Beginner

有酸素運動としてのヨガはどの程度の強度か?

ヨガの有酸素運動としての運動量は、ウォーキングと同程度と言われています。そのため、他の運動と比較して運動量は高くないですが、無理なく取り組める運動として老若男女が参加できるという利点を持っています。

また、ヨガはアーサナ(ポーズ)をとる間、意識的に呼吸を大切にします。そのため、継続的にヨガに取り組むことで遅筋を鍛えるとも言われています。

筋肥大を目的としたウェイトトレーニングなどは速筋を鍛えると言われますが、ヨガは遅筋が鍛えられることで、しなやかな身体になることが期待できます。特に女性にとってヨガは筋力の柔軟性だけでなく、身体の姿勢改善や健康増進に適しているといえるでしょう。

 

ヨガで柔軟性の向上と筋力の強化

ヨガのアーサナ(ポーズ)は、体軸を中心として上下左右に筋肉と関節を伸展(伸ばす)させ、身体全体を調整していくものです。そのため、長期的に実践していくことで筋肉と関節の柔軟性を改善し向上させることができます。

また初級から難易度の高い様々なアーサナがあり、難易度の高いアーサナは体幹や筋力を必要とするものがあります。ヨガを継続的に取り組む過程で難易度の高いアーサナに挑戦していくことで筋力強化にもつながります。

ヨガポーズ(アーサナ)効果とジャンル別一覧

数多くあるヨガポーズは私たちを迷わせます。しかし、多くのヨガポーズは効果・目的別に整理できます。TULAのヨガポーズ & アーサナガイドは、ジャンル別、目的・効果別にヨガポーズを整理し、目的に応じたヨガポーズを探せるようになっています。また、各ヨガポーズ詳細ページではポーズの概要から進め方、そして禁忌や関連する情報を掲載していますので参考にしてください。

詳細を見る


以下のヨガポーズ一覧は、身体の部位、目的・効果別にヨガポーズを整理したものです。各ヨガポーズにはそれぞれ目的があり、自分の身体の調子に沿ってとっていくことができるのです。

 ヨガの姿勢改善効果

このようにヨガのアーサナ(ポーズ)は、正しい姿勢を作るものといっても過言ではありません。その昔、瞑想を効果的に実践するための座法としてアーサナはありました。

そのため、ヨガには脊椎や背骨から骨盤までの骨格と、背骨につながる周辺の筋肉全般を調整することを目的として考えられたヨガポーズに加えて、骨盤や股関節から下半身の骨格と筋肉を調整するポーズが数多くあります。

こうした身体全体に、ヨガポーズでアプローチすることで姿勢を改善していくのです。

姿勢矯正でマインドをポジティブに - 姿勢改善に効果的なヨガポーズ

姿勢が悪いと立ち姿に影響を与えるだけでなくマインドにも影響します。姿勢の悪さは、脊柱や骨盤に歪みが生じ、筋肉を緊張させます。すると脊柱に沿って張り巡らせた自律神経の神経伝達にも影響が出るのです。姿勢改善のためのヨガポーズを詳しく解説しています。

詳細を見る

ヨガの美容効果 - 心・身体、内側を変える3つのポイント

今や姿勢の良さは美人の条件ともなっています。姿勢に限らずアンチエイジングなどヨガに美容効果を求めるならしっかりとおさえておきたいポイントがあります。ここではアンチエイジング、姿勢、睡眠など美容に欠かせない要点からヨガの美容効果を引き出すポイントを解説します。

詳細を見る

ヨガのダイエット効果

女性にとってヨガがダイエットの手段になりえるのか、大きな関心を抱いていると思います。残念ながらヨガそのものの運動量も低く、大きなカロリー消費は望めません。そのためダイエットに直接的な効果があるとは言い切れません。

しかし、ヨガは自分の身体や心を客観的に見ることを目的としています。そのため、食べ物への執着や欲求を抑えることもできます。また、ヨガは健康全般に対しての意識も大きく変え、身体への影響をより一層考える傾向が高いといえます。

ヨガダイエット効果の嘘と本当 - 適切な知識を獲得しよう

ヨガダイエットに関してネット上に様々な記事がありますが、一部過度に誇張された記事も…。ヨガをしている人は確かに痩せている人は多い印象ですがダイエットとヨガはどのような関係か?科学的な情報を引用しながら本当のところをお教えします。

詳細を見る

ヨガで食事の質に意識が向く

ヨガを継続していくと、自分の身体を意識的に見ていく習慣がつきます。すると、当然ながら普段口にする食事や自分の健康に対しても敏感になっていくのです。

これは本場のインドでは当たり前のこととなっています。ヨガと関わりが深いアーユルヴェーダは、日常生活の食事や運動(ヨガ)で自らの体調を管理していきます。本来の自分の本質や性質を把握し、現在の体調のギャップを把握することで、適切な食事と運動(ヨガ)を処方箋として実施し、体調を戻していくという考え方。

ヨガとアーユルヴェーダを通じた食事が日常の中に溶け込み、それが健康維持・増進、病気予防になっているのです。

アーユルヴェーダに限らず、自分自身の身体やマインドと向き合うヨガを通じて、より食事や食べるものの質に対して意識が向いていくのです。

ダイエットが失敗する理由とマインドフル・イーティングのススメ

過度にダイエットを行って一度成功したとしてもリバウンドしてしまう。そんな繰り返しに悩んでいる人もいるかもしれません。それはあなたの性格に問題があるのではなく脳が邪魔しているのだとか…。ダイエット、ダイエットと意識するのではなく、普段の食事に対する意識の向け方でダイエットできるマインドフル・イーティングをご紹介します。

詳細を見る

アーユルヴェーダの食事法 - ラサとグナが心身に及ぼす影響と食材の選び方

アーユルヴェーダはヨガと姉妹関係にあると言われます。アーユルヴェーダでは人の性格や特性を把握し、それに基づいて今の体調と照らし合わせて食事を考えます。日常に溶け込んだ予防医学の一端をご紹介しています。

詳細を見る

TULA Mail Magazine 購読
TULA Newsletter