ヨガの種類・流派一覧

ジュニャーナヨガ

Yoga Basics For Beginner

ジュニャーナヨガとは?

ジュニャーナヨガ ( ジニャーナヨガ )は、哲学的なヨガで「知識のヨガ」とも呼ばれます。身体へのアプローチを主にするハタヨガと異なり、瞑想により精神面を鍛えることを主目的としています。

ジュニャーナヨガは「経典」「理由」「経験」を基本原則とし、肉体や回りの全ての物は何も意味がなく、ただあるのは真我のみとします。この境地へ達するために行われる修行がジニャーナヨガです。

ジュニャーナヨガの特徴

両手で行うジェスチャー(ポーズ)である、ジニャーナ・ムドラー(ギャーナ・ムドラー)を組みます。手のひらを上に向ける場合と下に向ける場合がありますが、親指と人差し指を軽く付け、後の三本の指を伸ばします。

呼吸は、鼻から息を軽く吸い、できる限り長い時間を通して口から息を吐きます。

次に目を閉じて、宇宙のエネルギーが自分に集中しているイメージを抱きながら瞑想し、心を空にして「無」の状態へ持っていきます。無を通して苦しい、悲しいといった自分の感情と結びついた感覚を煩悩から切り離すなど、精神的な作業を継続していきます。

このようにジュニャーナヨガは、真の知性・知識に到達することを目的としているのです。

こんな人に向いている

ジュニャーナヨガは、カルマヨガ同様に哲学的要素が多いヨガ。ヨガインストラクター養成スクールで学ぶヨガ哲学の項目に、カルマヨガと対になって学ぶことも多いのです。

そのため、ジュニャーナヨガは習うというより学ぶ、といったほうが良いでしょう。ヨガを哲学まで掘り下げて、一から学びたいという方は是非、参照してみましょう。

ヨガの始め方 - まずはアレコレ考えずトライすることから!

ヨガ初心者のためのはじめてのヨガ種類・流派選びとスタジオ選び

ヨガを始めようとすると、まずヨガの種類や流派の多さに驚く人も多いと思います。そして、次に悩むのが大手ヨガスタジオか小規模なスタジオか?など…。意外とヨガを始めるにあたってハードルがあるものです。今回はこれからヨガを始めようと思っている方々へ向けこれらの疑問を解消します。

TULA Mail Magazine 購読
TULA Newsletter