早坂理恵
早坂理恵
65 Articles0 Comments

女優。8歳でデビュー。演技の勉強を始めて間も無く、NHK朝の連続テレビ小説のキャストに選ばれる。18歳で上京し数々の現場で経験を積む中、持病である心臓の病と比較的新しい「脳脊髄液減少症」を発症。芸能活動を休止。現在、復帰したものの今もなお治療中。プライベートではヨガをライフワークとし、水素美容分野での活動(「水素美容のひみつ」著者)。全米ヨガアライアンス RYT500, RPYT(マタニティヨガ), RCYT(キッズ), シニアヨガインストラクター / アシュタンガヨガインストラクター / フィジカルトレーニングインストラクター / YOGA ed. PI1修了 / マクロビオティックセラピスト / アーユルヴェーダベーシック / アンチエイジングアドバイザー / 健康美肌指導士 / 美肌食マイスター など複数の資格を有すなど、心と身体の真の健康をテーマに活動を行っている。

アーユルヴェーダ ヴァータ – 風のように変化が激しく不規則になりがち

アーユルヴェーダのドーシャ(体質)の一つである「ヴァータ」。ヴァータは「空」と「風」の要素からなり、風のように「動く」性質を持ちます。本記事では、ヴァータでバランスを崩しやすい原因と日常で気をつけるべきことをまとめています。簡易診断でヴァータ体質とわかったら、まずは自分の体質を理解して日々の生活に活かしましょう。…

アーユルヴェーダ体質診断 – 自分の体質(ドーシャ)を知り体調管理に生かそう

前回までにアーユルヴェーダの大切な考え方として、ドーシャとプラクリティ、ヴィクリティについて説明してきました。今回はあなた自身の体質診断のための質問票を用意しています。これで自分のプラクリティとドーシャを把握してみましょう。…

身体の不調?自分の本質(プラクリティ)を知れば回復への道筋が見えてくる

西洋医学では原因不明とされがちな”なんとなくの身体の不調”ですが、アーユルヴェーダでは本来の自分のバランスが崩れた状態と考えます。現在の体調を本来の体調へ戻すことを思想とするアーユルヴェーダの”プラクリティ”と”ヴィクリティ”。アーユルヴェーダを理解する上で大切となる考え方について解説します。…

体調が崩れたその後に – 対処の方向性を示すドーシャとは?

体調のサインは、普段の生活の中で何気に気づくもの。でも、身体の不調を感じた後に具体的に何すればいいのでしょう?アーユルヴェーダにおけるドーシャは、自分の体質を整える方向性を決める上で大切な役割をもっています。今日はアーユルヴェーダを理解する上で大切なドーシャについて説明します。…

前向きな自分になるには食事から – 日々の食事を知り消化力をあげる

瞑想やヨガを生活に取り入れると、次第に普段の食事の内容が気になってくる、というお声をよく聞きます。そこで、いざ、アーユルヴェーダにのっとった食事をしようと思っても、どうも、アーユルヴェーダの食事というと難しく思われがち。今回はアーユルヴェーダとは?を理解できるようわかりやすくまとめてみました。…